メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

みんなの広場

犬養道子さんの生き方=無職・伏谷勝博・78

 (大阪府河内長野市)

 犬養道子さんが亡くなられた。1932年の5・15事件で暗殺された犬養毅首相の孫である。偏狭なナショナリズムの愚かさを知り、太平洋戦争中にキリスト教の洗礼を受け、戦後、渡米した後に欧州各地で暮らした。長い外国生活の中で評論、著述、社会福祉の実践に生きられた。

 私はクリスチャンとしての真摯(しんし)な生き方と数…

この記事は有料記事です。

残り250文字(全文416文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゾウの死骸に大量のプラごみ タイ当局解剖、消化器官に詰まり出血か

  2. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  3. 首相を不祥事から守れば出世できるのか 太田主計局長の財務次官内定で感じた「既視感」

  4. 大阪モデル黄信号 吉村知事「ピンポイントの戦略打つ」 「夜の街」対策を徹底 休校や施設休業は求めず

  5. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです