メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

田中・原子力規制委員長

廃炉「東電が主体的に」 柏崎刈羽再稼働の条件

原子力規制委の田中俊一委員長=東京都港区で2017年8月29日、和田大典撮影

 原子力規制委員会の田中俊一委員長は29日、9月18日の任期満了を前に毎日新聞のインタビューに応じた。東京電力福島第1原発の廃炉について「東電がもう少し自分の判断でやらないといけない」と述べ、国などに頼らず主体的な取り組みが不可欠との考えを強調した。さらに、東電柏崎刈羽原発6、7号機の再稼働に向けた安全審査に関連づけ、合格の前提条件になるとの認識を示した。

 規制委は30日、東電の川村隆会長と小早川智明(ともあき)社長を呼び、廃炉作業に対する姿勢や安全への考え方などを聞く。

この記事は有料記事です。

残り299文字(全文537文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風12号発生 今後の情報に注意呼びかけ 気象庁

  2. 現場から うがい薬で「コロナに勝てる」、不十分なデータ基に会見 一府民、情報公開請求で解明 活動、ネットで広がる /大阪

  3. 全国初 レクサスパトカー GT-Rに続き会社役員が栃木県警に寄贈

  4. 永和商事ウイング快勝 スクールパートナーは敗退 都市対抗東海2次

  5. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです