メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

東方神起の復活と株価=ローカルファースト研究所代表取締役・関幸子

 「冬ソナ」から15年、ヨン様に心奪われた中高年マダムは数百万人にも達し、その経済効果は数千億円と言われた。実は冬ソナ最大の功績は、マダムをパソコンの前に座らせ、インターネットとEコマースの上級者に仕立てたことにある。

 時は移り、K-POPの隆盛とともにマダムはパソコンの前を離れ、お気に入りのスターを追いかけ、アジア全域に大挙して押しかけている。スマートフォンを片手に、各国のファンと言葉の壁を越え情報を共有し、スターの動向を瞬時に把握し、自由自在に動き回っている。この8月には、アジアで最も成功したと言われる東方神起の2人が兵役を終え、2年ぶりにユニットを再結成…

この記事は有料記事です。

残り426文字(全文709文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中国、新型肺炎の死者26人に 厳戒下で春節 30億人移動の大型連休始まる

  2. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  3. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  4. 河井氏に相場10倍の「えこひいき」? 自民党内からも疑問の声相次ぐ

  5. 大阪・箕面市がテレビ朝日に抗議 滝の水「トンネル掘ったら少なくなった」発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです