メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

東方神起の復活と株価=ローカルファースト研究所代表取締役・関幸子

 「冬ソナ」から15年、ヨン様に心奪われた中高年マダムは数百万人にも達し、その経済効果は数千億円と言われた。実は冬ソナ最大の功績は、マダムをパソコンの前に座らせ、インターネットとEコマースの上級者に仕立てたことにある。

 時は移り、K-POPの隆盛とともにマダムはパソコンの前を離れ、お気に入りのスターを追いかけ、アジア全域に大挙して押しかけている。スマートフォンを片手に、各国のファンと言葉の壁を越え情報を共有し、スターの動向を瞬時に把握し、自由自在に動き回っている。この8月には、アジアで最も成功したと言われる東方神起の2人が兵役を終え、2年ぶりにユニットを再結成…

この記事は有料記事です。

残り426文字(全文709文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「冗談だった」「圧力のつもりない」…吉本社長会見、古い体質露呈
  2. 京アニ「社員の師匠」木上さん、なお不明 「キャラに生命」「あの優しい人が…」
  3. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  4. 「著名人」当選は3人 最多得票れいわ・山本太郎氏、96万票獲得も落選
  5. 吉本興業、宮迫さんらの処分撤回 岡本社長、会見で謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです