メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中教審

教員、タイムカード活用 長時間勤務改善へ提言

 長時間勤務が問題化している教員の処遇改善策を議論する中央教育審議会の特別部会が29日、東京都内であり、校長や教育委員会にタイムカードやインターネットの校務支援システムを活用して、勤務時間を客観的に把握することなどを求める緊急提言をまとめた。

 文部科学省の2016年度の教員勤務実態調査(速報値)によると、タイムカードで退勤時刻を記録している学校は…

この記事は有料記事です。

残り262文字(全文436文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プラスチック危機 海流入、50年までに魚の総重量超え?
  2. ケンタッキー フライドチキン食べ放題 20日から
  3. 西日本豪雨 し尿処理できず「水や食事我慢」 愛媛・大洲
  4. ロシアW杯 決勝に水を差す愚行 男女4人が乱入
  5. 将棋 藤井七段、今泉四段に敗れる NHK杯1回戦

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]