メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長寿リスク社会

検証・介護報酬改定/上 生活援助「乱用」に異論

 <くらしナビ ライフスタイル>

 介護保険制度で介護事業者に支払われる「介護報酬」の改定議論が厚生労働省の審議会で進んでいる。波紋を呼んだのが財務省が示した介護サービス削減案だ。財務省は訪問介護の中の家事など「生活援助」の利用に上限を設定、デイサービス(通所介護)でリハビリが行われない例などで報酬を減らすと提案。健康保険組合連合会などが賛意を示す一方、介護家族や介護者側から疑問の声も出ている。議論を現場から検証した。

この記事は有料記事です。

残り2119文字(全文2329文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. リーチ・マイケル主将「台風で亡くなった人たちの家族に勇気与えられたと思う」

  2. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです