バドミントン

世界選手権 「東京五輪まで進化して走る」 奥原ら帰国

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 27日に閉幕したバドミントンの世界選手権で史上最多のメダル4個を獲得した日本選手らが29日、羽田空港に帰国した。日本勢で40年ぶりの金メダルに輝いた女子シングルスの奥原希望(のぞみ)=日本ユニシス=は「東京五輪まで走り続けられるよう進化していきたい」とさらなる飛躍を口にした。

 銅メダルだった昨夏のリオデジャネイロ五輪後、右…

この記事は有料記事です。

残り246文字(全文409文字)

あわせて読みたい

注目の特集