メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

遠い復興

東日本大震災6年半 石巻・開成仮設から/下 「過去の滞納」呪縛解け

仮設開成住宅団地の部屋から引っ越しの荷物を運び出す女性と次男。壁や床に6年の歳月が染み込んでいた=石巻市で

 箱の中に突然入れられた2匹の猫がゴトゴトと音を立ててもがく。宮城県石巻市の災害公営住宅(復興住宅)に転居が決まった女性(67)は、箱を大事そうに抱えた。7月半ばの午後、次男(26)の運転する軽乗用車に乗って、同市の仮設開成住宅団地を後にした。「やっと出られる」。ほっとした表情の女性の額にうっすらと汗がにじむ。仮設に入居したのも、6年前の7月だった。

 過去に家賃を滞納した人は復興住宅に入る資格はありません--。

この記事は有料記事です。

残り1120文字(全文1327文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 登山家 栗城史多さんエベレスト下山中に遭難 遺体で発見
  2. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  3. ORICON NEWS 登山家・栗城史多さん死去 エベレスト下山途中、遺体で発見
  4. ネパール 登山家の栗城さん、エベレストで遭難か
  5. 世界の雑記帳 死亡した英男児の棺が空と判明、遺体の扱いに疑念の母親が真実追及

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]