メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

遠い復興

東日本大震災6年半 石巻・開成仮設から/下 「過去の滞納」呪縛解け

仮設開成住宅団地の部屋から引っ越しの荷物を運び出す女性と次男。壁や床に6年の歳月が染み込んでいた=石巻市で

 箱の中に突然入れられた2匹の猫がゴトゴトと音を立ててもがく。宮城県石巻市の災害公営住宅(復興住宅)に転居が決まった女性(67)は、箱を大事そうに抱えた。7月半ばの午後、次男(26)の運転する軽乗用車に乗って、同市の仮設開成住宅団地を後にした。「やっと出られる」。ほっとした表情の女性の額にうっすらと汗がにじむ。仮設に入居したのも、6年前の7月だった。

 過去に家賃を滞納した人は復興住宅に入る資格はありません--。

この記事は有料記事です。

残り1120文字(全文1327文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夏の高校野球 秋田県民「正直驚いた」金足農快進撃のなぜ
  2. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  3. 夏の高校野球 大阪桐蔭、2度目の春夏連覇 史上初
  4. 夏の高校野球 個の力に頼らない強さ 大阪桐蔭
  5. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです