メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

警察庁

性犯罪、声かけ、どこが危険? 分析調査へ

 子供や女性が被害に遭う犯罪を未然に防ごうと、警察庁は複数のモデル地区を選定し、性犯罪や不審者による声かけ事案などが、どのような場所で発生しやすいか調査することを決めた。犯罪リスクが高い場所を分析し、全国での防犯活動に役立てる狙いがある。警察庁がこうした分析を行うのは初めて。

 2016年の刑法犯罪は戦後初めて100万件を下回ったが、今年3月には千葉県松戸市の9歳女児が殺害されるなど社会に大きな不安を与える事件が続いているため、警察庁は新たな対策に取り組む。この事業のため、約2000万円を来年度予算の概算要求に…

この記事は有料記事です。

残り387文字(全文644文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 野党「予備費10兆円」を批判 共産・志位氏「国会軽視というより国会無視」

  2. 大阪のタワマン29階から男性転落死 警視庁が詐欺容疑で家宅捜索中

  3. 登下校中のマスク、文科省「暑い日はむしろ危険」 児童間距離確保に「傘」利用も

  4. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  5. 顧客の預金着服した疑い 東邦銀行元行員を逮捕 総額2800万円か 栃木県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです