メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

警察庁

性犯罪、声かけ、どこが危険? 分析調査へ

 子供や女性が被害に遭う犯罪を未然に防ごうと、警察庁は複数のモデル地区を選定し、性犯罪や不審者による声かけ事案などが、どのような場所で発生しやすいか調査することを決めた。犯罪リスクが高い場所を分析し、全国での防犯活動に役立てる狙いがある。警察庁がこうした分析を行うのは初めて。

 2016年の刑法犯罪は戦後初めて100万件を下回ったが、今年3月には千葉県松戸市の9歳女児が殺害されるなど社会に大きな不安を与える事件が続いているため、警察庁は新たな対策に取り組む。この事業のため、約2000万円を来年度予算の概算要求に…

この記事は有料記事です。

残り387文字(全文644文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  3. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  4. 映画「宮本から君へ」への助成金取り消し 公益性理由、要綱改正も

  5. 「カスハラ」労災10年で78人、24人が自殺 悪質クレーム対策急務

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです