群馬サファリパーク

ゾウに足を踏まれる…飼育員、骨折か

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 30日午前10時ごろ、群馬県富岡市の「群馬サファリパーク」から、「飼育員が象に右足を踏まれた」と119番通報があった。県警富岡署などによると、飼育員は30代のインドネシア人の男性で、右足骨折の疑いがあるが、意識はあるという。

 男性飼育員は、オスのスマトラゾウ(約2トン)を獣舎から展示スペースに誘導…

この記事は有料記事です。

残り81文字(全文231文字)

あわせて読みたい

注目の特集