メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夏休み

「自由研究」歴史や意義を自由研究してみたら…

「図書館を使った調べる学習コンクール」の受賞作品(昨年)。写真やイラストを用いてスケッチブック1冊分程度にまとめられている=東京都文京区で2017年8月29日、中村かさね撮影

 夏休みも大詰めで、自由研究の宿題に頭を悩ませた親子は多い。ベネッセの調査によると小学生の子供の自由研究を手伝う親は7割に上っている。研究の方法からまとめ方まで指南してくれるキットや宿題代行業者の需要も年々伸びている。夏休みの課題として定着している自由研究。その存在意義は?【中村かさね/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り2275文字(全文2432文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一時閉鎖した「明るい廃虚」のピエリ守山が超人気スポットに再生した理由

  2. 人気ブランド店「Supreme」で窃盗 衣類など数百万円被害 大阪

  3. 反社会的勢力の定義困難「お困りであれば警察に」 16日午前の菅官房長官会見詳報

  4. 桜を見る会 官僚「のらりくらり答弁」の背後に何があるのか

  5. 注目裁判・話題の会見 細いながらもつながっていた父と子…ある出来事が引き金に 長男刺殺の元農水次官、16日午後判決

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです