メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北朝鮮ミサイル

Jアラート作動したら「こう避難する」

国が示す弾道ミサイルが落下する可能性があるときの避難方法

 国はミサイルが発射され全国瞬時警報システム(Jアラート)が作動した場合、屋内退避などをするよう国民に呼びかけている。

 国が求めている避難行動は、屋外にいる場合はできる限り頑丈な建物や地下に避難▽建物が近くにない場合は物陰に身を隠すか地面に伏せて頭を守る▽屋内にいる場合は窓から離れるか窓のない部屋に移動する--の三つ。また、近くにミサイルが落下した場合は、口と鼻をハンカチで覆い屋内や風上に避難したり、窓に目張りをして部屋を密閉したりすることが有効としている。

 今回のミサイル発射では、Jアラートの作動からミサイルの通過まで数分しかなく、避難場所が分からず戸惑う住民も多かった。国は今年3月、ミサイルを想定した避難訓練を秋田県で初めて実施し、29日までに計11回開催したが、軍事アナリストの小川和久・静岡県立大特任教授は「地下に逃げるように啓発しても、日本で地下がある地域は限られているので、国が実施している訓練では不十分だ。もっと地域を細かく区切って避難訓練…

この記事は有料記事です。

残り329文字(全文760文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. ブルーインパルス都心飛行「私が指示」 河野防衛相がブログで明かす

  3. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  4. 「花火を見て元気になって」 新型コロナ終息願い、各地で“サプライズ”打ち上げ

  5. 北九州市、無症状の濃厚接触者にもPCR検査 感染確認急増に影響か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです