大阪市

桜宮高の元顧問に賠償金半額負担求めて提訴へ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 2012年に大阪市立桜宮高校バスケットボール部主将の男子生徒(当時17歳)が顧問から体罰を受けて自殺した問題で、市は生徒の遺族に払った賠償金(遅延損害金を含め約8723万円)の半額を元顧問の男性=懲戒免職=に負担するよう求め、大阪地裁に提訴する方針を固めた。9月議会に関連議案を提案する。

 市関係者によると、元顧問側と金額面の交…

この記事は有料記事です。

残り97文字(全文262文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集