メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

4歳児が感染 埼玉や群馬で計15人に

 埼玉県や群馬県の総菜店で購入したポテトサラダを食べた客が病原性大腸菌O157に感染した問題で、埼玉県は29日、同県内に住む男児(4)の感染が新たに確認されたと発表した。感染者は両県で計15人になった。男児は7~8日に「でりしゃす籠原店」(埼玉県熊谷市)を利用し、下痢などの食中毒症状を訴えていた。

     一方、溶血性尿毒症症候群(HUS)を発症し、一時意識不明となっていた同県内の女児(5)は快方に向かっている。また、同店などがポテトサラダに加えたハムやリンゴなどの製造元に立ち入り調査した結果、衛生状況に問題はなかったという。【鈴木拓也】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 衆院選 希望、敗北に動揺 前原民進代表、辞任へ
    2. 衆院選 自民・小泉氏「安倍政権への国民の飽きを感じた」
    3. イオン 21日から「台風コロッケ」 通常より5割増し
    4. 衆院選 「鉄の天井、改めて知った」希望の小池氏
    5. 鉄道トラブル 停電で乗客1300人、電車内に2時間 JR宇都宮線

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]