集団感染

O157 札幌の90代の女性が死亡

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 札幌市保健所は29日、市内の高齢者施設で今月3日から28日までの間に入所者7人が病原性大腸菌O157に感染し、このうち90代の女性が死亡したと発表した。

 市保健所によると、女性は札幌市内の小規模高齢者施設に入居。下痢や血便などの症状を訴えて入院し、28日に死亡した。

 このほか80代女性が7月31日に血便の…

この記事は有料記事です。

残り127文字(全文281文字)

あわせて読みたい

注目の特集