メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東名あおり運転控訴審 1審判決を破棄、地裁に差し戻し
侍ジャパン歴代監督インタビュー

第3回 松永怜一さん「守り重視から卒業を」

野球殿堂入りし、笑顔を見せる松永怜一さん=東京都文京区の野球体育博物館で2007年1月12日、佐々木順一写す

東京五輪への金言

 元法大監督の松永怜一さん(85)は1984年のロサンゼルス五輪で監督としてアマチュアの選手を率い、公開競技の野球で金メダルを獲得した。日本が野球で金メダルを得たのはこの時だけ。東京五輪での再現に向け、松永さんは若手の育成や打線の強化が鍵を握ると見る。【聞き手・谷口拓未】

 --ロサンゼルス五輪では金メダルを獲得した。

 ◆日の丸を付けて戦う以上、恥ずかしくない試合をやろうと思っていた。選手も同じ覚悟だった。命がけで取…

この記事は有料記事です。

残り1593文字(全文1810文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  2. 東名あおり事故初公判 死亡夫婦の次女の供述「パパとママが死んでしまいました」

  3. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

  4. あおり運転 暴行容疑で男逮捕 ボンネットたたく 稲敷署 /茨城

  5. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです