メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

曽我廼家寛太郎さん ピンチこそチャンス 「松竹新喜劇新秋公演」に出演

曽我廼家寛太郎さん=西本勝撮影

 ◆曽我廼家寛太郎(そがのや・かんたろう)

 愛嬌(あいきょう)のある風貌と軽妙な動き、間のいいセリフが印象的な松竹新喜劇の人気俳優。9月に東京・新橋演舞場で催される「松竹新喜劇新秋公演」の昼、夜で毛色の異なる2役を演じる。

 昼が現代劇の「新・親バカ子バカ」。大阪の薬品会社経営者と、いっぷう変わった息子をめぐる話で社長秘書でもある専務役。父に反発して姿を消した息子捜しにひと役買う。

 「本人は大真面目ですが、やればやるほどおかしい、というのを、ところどころに出したいですね」

この記事は有料記事です。

残り951文字(全文1188文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 南北首脳会談 両首脳が握手 金正恩氏初めて韓国側に
  2. 中学の性教育授業 都と足立区が火花 避妊の方法はだめ?
  3. 広島県警 防犯カメラに逃走受刑者か 向島北部
  4. 総務相 スマホ「4年縛り、説明徹底を」 指針改正へ
  5. 有働由美子アナ マツコさんと同じ芸能事務所に所属

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]