メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

曽我廼家寛太郎さん ピンチこそチャンス 「松竹新喜劇新秋公演」に出演

曽我廼家寛太郎さん=西本勝撮影

 ◆曽我廼家寛太郎(そがのや・かんたろう)

 愛嬌(あいきょう)のある風貌と軽妙な動き、間のいいセリフが印象的な松竹新喜劇の人気俳優。9月に東京・新橋演舞場で催される「松竹新喜劇新秋公演」の昼、夜で毛色の異なる2役を演じる。

 昼が現代劇の「新・親バカ子バカ」。大阪の薬品会社経営者と、いっぷう変わった息子をめぐる話で社長秘書でもある専務役。父に反発して姿を消した息子捜しにひと役買う。

 「本人は大真面目ですが、やればやるほどおかしい、というのを、ところどころに出したいですね」

この記事は有料記事です。

残り951文字(全文1188文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜ミク、弘前公園「公式キャラ」に登場 大型パネル前で記念撮影も
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか
  4. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  5. 大阪・あいりん半世紀、秘蔵ネガ1万枚ネット公開 地元カメラマン

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです