メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウラカタ

連続ドラマ「予兆 散歩する侵略者」監督・脚本 黒沢清さん 映画の舞台から発想広げ

黒沢清さん=丸山進撮影

 カンヌ国際映画祭「ある視点」部門で監督賞を受賞した「岸辺の旅」をはじめ、数々の映画を手掛けてきた。連続ドラマは2作目になる。

 人間に乗り移った宇宙人が、地球侵略に備えて人間を理解するため、人間の「概念」を吸い取って学んでいき、吸い取られた人間はそのまま概念が欠落してしまうというストーリー。奪われる概念は「家族」「過去」など人それぞれ。侵略者を東出昌大が不気味に演じる。

 前川知大の原作と出合ったのは7年ほど前。演劇のために書かれたものと思わず読み、「日常生活の中で大げさにならず、しかし確実に侵略が進行しているところを表現している」と面白さを感じた。監督作品にはホラー作品が多く、いずれ宇宙から侵略者がやって来る「侵略SF」を撮りたいと思っていたという。

この記事は有料記事です。

残り435文字(全文764文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船「乗船」の神戸大教授が対応批判 菅氏は「感染拡大防止を徹底」と反論

  2. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  3. 乗客らバスでターミナル駅へ 陰性の高齢者ら500人、クルーズ船下船 新型肺炎

  4. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  5. 公営ギャンブル「1000万円以上の的中」徴税強化へ レース実施者、ネット購入情報提供へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです