メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

刊行

先駆的デザインの宝庫を検証 川島智生・京都華頂大教授『近代大阪の小学校建築史』

 明治から昭和の戦前期にかけて先駆的なデザインの小学校建築が大阪に建てられた。今はほぼ失われた学舎の歴史をたどる『近代大阪の小学校建築史』(8316円、大阪大学出版会)が刊行された。著者は大阪で育った川島智生・京都華頂大教授(近代建築史)。現存していた当時から約30年かけて調査し、一冊の本にまとめた。

 本書は設計図や写真など豊富な資料を交えながら、時代ごとの特徴を丁寧に検証。明治期は西洋建築を模した擬洋風や御殿スタイルの和風校舎が造られ、大正期はルネサンス風の鉄筋コンクリート造りが主流に。昭和になると標準化されたモダンデザインが広がった。

この記事は有料記事です。

残り284文字(全文556文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子は九州学院、女子は千原台が優勝 高校駅伝・熊本予選

  2. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  3. ORICON NEWS 金田朋子「娘が笑えば何でもよい」子育て動画が88万再生 ポジティブを"貫く"子育て論

  4. ORICON NEWS 『アイマス』声優・大坪由佳が結婚報告 お相手は29歳の一般男性

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 気に入らない生徒を廊下に立たせる先生でよいか 作家・あさのあつこさん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです