メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いわて人模様

グラフィックデザイナー・山崎文子さん /岩手

山崎文子さん

山崎文子(やまざき・ふみこ)さん

 岩手医科大付属病院腫瘍センター(盛岡市)のがん患者・家族サロンで、ヒーリングアート(心が落ち着く効果を目的とした芸術)の教室をボランティアで開いている。「人間は誰もがアーティストとして生まれてくる。皆さんに絵を描く才能に気づいてほしい」

 日本大芸術学部を卒業し、デザイナーになった。東京のプロダクションや盛岡市内の印刷会社に勤務後、25歳で独立。1988年冬季五輪の盛岡招致ポスターや、スキーの93年世界アルペン公式デザインなど、県内の企業や観光に関するデザインを数多く手がけてきた。岩泉乳業の岩泉ヨーグルトのパッケージも山崎さんの仕事の一つだ。

 デザイナーとして働く中で、いずれは社会に恩返しをしたいと考えていた時、手軽に美しい発色が楽しめるス…

この記事は有料記事です。

残り394文字(全文734文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  2. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  3. 羽生2位、5度目のV逃す チェンが世界最高で3連覇 GPファイナル男子

  4. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  5. 2位の羽生「めちゃ悔しい 今に見ておけ」 GPファイナル男子

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです