メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

刈屋梨

収穫量は平年並み 酒田で出荷目ぞろえ会 /山形

生産者により、出荷規格を確認される刈屋梨の見本=酒田市本楯で

 酒田市刈屋地区産のブランド「刈屋梨」の出荷目ぞろえ会がJA庄内みどり北部選果場(同市本楯)で開かれ、主力品種「幸水」の格付け規格などを確認した。低温・日照不足の影響で小ぶりとなったが、ひょう害や鳥害がなく、収穫量は平年並みを見込めるという。

 日向川と荒瀬川の合流地点に堆積(たいせき)した肥沃(ひよ…

この記事は有料記事です。

残り188文字(全文338文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国「感染力強まった」 海外団体旅行禁止

  2. 元NBAスター、コービー・ブライアント氏死亡 ヘリ墜落で 同乗の13歳娘も

  3. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」破産申請へ 従業員200人解雇方針

  4. 徳勝龍の母、優勝は「ドクターイエローのおかげかも…」

  5. 「非厚底」で優勝の松田 支えたのは伝説の靴職人 大阪国際女子マラソン

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです