メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安保法訴訟

原告、違憲性訴え 国側争う姿勢 地裁口頭弁論 /群馬

閉廷後に開かれた集会で、安保関連法の違憲性や不安などを訴える原告ら=前橋市内で

 集団的自衛権の行使容認を柱とする安全保障関連法は違憲で、平和的生存権を侵害され精神的苦痛を受けたなどとして、県内在住の戦争体験者ら175人が国に1人あたり10万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が30日、前橋地裁(塩田直也裁判長)であった。原告3人が戦争体験などを基に違憲性を訴えた。国側は「原告らの請求をいずれも棄却する」などとして争う姿勢を示した。次回は12月6日。

 原告の意見陳述で、前橋市の岩崎正一さん(83)は1945年8月5日夜の前橋空襲での生々しい体験を証言した。大量の焼夷(しょうい)弾で真昼のような明るさだったこと。焼け跡で見た抱き合った黒焦げの遺体。20代ごろまで爆撃を受ける夢に何度もうなされたという。「新安保法が作られ、空襲で経験した状況に近づく条件ができてしまった」と訴えた。

この記事は有料記事です。

残り194文字(全文549文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 最期の別れに親戚も呼べないなんて…新型コロナで葬儀縮小、会食中止 棺不足も

  2. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  3. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  4. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  5. 6歳児がバス停表示ミス次々発見 バス会社が感謝状 「好きなこと頑張れば特別なことが」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです