メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安保法訴訟

原告、違憲性訴え 国側争う姿勢 地裁口頭弁論 /群馬

閉廷後に開かれた集会で、安保関連法の違憲性や不安などを訴える原告ら=前橋市内で

 集団的自衛権の行使容認を柱とする安全保障関連法は違憲で、平和的生存権を侵害され精神的苦痛を受けたなどとして、県内在住の戦争体験者ら175人が国に1人あたり10万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が30日、前橋地裁(塩田直也裁判長)であった。原告3人が戦争体験などを基に違憲性を訴えた。国側は「原告らの請求をいずれも棄却する」などとして争う姿勢を示した。次回は12月6日。

 原告の意見陳述で、前橋市の岩崎正一さん(83)は1945年8月5日夜の前橋空襲での生々しい体験を証…

この記事は有料記事です。

残り310文字(全文549文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ロシアメディア、紀平をたたえる 王位は「驚異の日本人に」
  2. ニセコイ 2年ぶり復活 新作読み切り「ジャンプ」掲載へ
  3. 紀平梨花、GPファイナル初優勝 デビューシーズンで制覇の快挙
  4. 東名あおり運転事故、連日審理 状況明らかに 10日求刑公判
  5. 重由美子さん死去 53歳 五輪ヨット女子470級で日本初メダル

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです