メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

群馬サファリパーク

ゾウに踏まれ重傷 研修中の飼育員 /群馬

研修生がゾウに踏まれた現場=富岡市岡本の群馬サファリパークで

 30日午前9時55分ごろ、富岡市岡本の「群馬サファリパーク」で、研修中の飼育員のアムサル・アブドゥラ・サニさん(35)=インドネシア国籍=がスマトラゾウに踏まれ、腰の骨を折るなどの重傷を負った。

 富岡署やサファリパークによると、ゾウは8歳7カ月のオスで推定体重2トン。サニさんはゾウの展示エリアで餌やり中に、鼻で押し倒されうつぶせになったと…

この記事は有料記事です。

残り257文字(全文428文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ちびまる子ちゃん」ナレーション交代 キートン山田さん「番組はまだまだ“後半へつづく”」

  2. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  3. 「私が背中向けた段階で言わないで」安倍前首相、「桜」質問にいら立ち

  4. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  5. コロナ交付金で「感染差別根絶の鐘」はあり? 佐賀県議会で激論に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです