特集

LGBT 私らしく生きる

性別にとらわれず自分らしく生きるために、声を上げる人たちが増えています。当事者の思いや社会の課題を追います。

特集一覧

LGBTを生きる

性的少数者 第3部/7止 声楽家・河野陽介さん(31) /埼玉

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

絵本と歌で多様性訴え 「人と違うことは悪くない」

 蓮田市閏戸の市総合文化会館・ハストピアで6月、「絵本と歌で考えよう~多様なひとびと・多様ないきかた」をテーマにした親子向けワークショップ(体験型講座)が開かれた。講師は声楽家の河野陽介さん(31)=茨城県在住。自身がゲイであることを公言し、舞台やテレビで活躍する一方、LGBTなど性的少数者の支援活動にも奔走している。

 河野さんはピアノを弾きながら童謡「ぞうさん」を歌い「お鼻が長いと言っているのはだれ」と参加者に問いかけた。歌詞の趣旨について「ぞうの子は鼻が長いと悪口を言われた時、一番好きな母さんも長いのよと、誇りを持って答えた」と作者の意図を紹介。「人との違いは悪いことではなく、それでいじめたり、からかったりすることはいけない」と訴えた。

この記事は有料記事です。

残り868文字(全文1216文字)

あわせて読みたい

注目の特集