連載

信州・歴史探訪

毎日新聞デジタルの「信州・歴史探訪」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

信州・歴史探訪

非戦論を唱えた木下尚江(松本市) 「戦争は人類の最大罪悪」 /長野

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
松本市の城山公園にある木下尚江顕彰碑。表面に木下の辞世が刻まれ、木下の像がはめ込まれている=松本市で
松本市の城山公園にある木下尚江顕彰碑。表面に木下の辞世が刻まれ、木下の像がはめ込まれている=松本市で

 1904(明治37)年、日本とロシアは満州(中国東北部)の権益を巡って開戦した。日露戦争だ。両国の対立は日清戦争後の三国干渉から始まり、極東へ大軍を送り込むロシアに対し、日本国内では「ロシア討つべし」の声が強く上がった。

 世論が対露強硬論に傾く中、開戦を批判し、非戦論を唱えたのが毎日新聞(今の毎日新聞とは無関係)記者の木下尚江だった。

 木下は新聞紙上で「戦争は人類の最大罪悪なり」と主張。開戦前年に発表した「国家最上権を排す」の中で、「非戦論の要諦(ようてい)(最も大事な点)は『不義』にあり、『不利』のごときはそも末節のみ」と述べ、「戦争自体が不義であって、不利だから戦争を避ける、という考えではいけない」と訴えた。戦争で国民は苦しみ、一部の資本家がもうけるだけと指摘している。

この記事は有料記事です。

残り1127文字(全文1469文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集