メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

滋賀のウリハッキョ

朝鮮学校で学ぶ/上 ルーツを知り、言葉を習得 私が私であるために /滋賀

米国人講師(左)から英会話の基礎を学ぶ低学年の児童たち=大津市木下町の滋賀朝鮮初級学校で、大澤重人撮影

 <共生を考える 第9部>

 朝鮮学校--。「『ああ、北朝鮮の学校やろ』『児童は北朝鮮人やろ』というのが普通にあります。出身地はほとんどが韓国ですよと言ったら、皆さんびっくりしはりますね」。鄭想根(チョンサングン)さん(59)は苦笑いする。

 夏休み前の7月、大津市木下町の住宅街にある滋賀朝鮮初級学校を訪ねた。正門は閉じられており、門越しに男性の姿が見えた。出迎えた鄭さんは2010年から校長を務めている。

 日本で言う小学校だが、そうは名乗れない。自動車学校などと同じ各種学校の扱いなのだ。

この記事は有料記事です。

残り1223文字(全文1467文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

  2. ニュージーランド3大会連続の準決勝進出 アイルランドに圧勝

  3. プロ野球ドラフト 県内の4人指名 喜びあふれ /三重

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 維新、2特別区で本庁舎位置変更検討 24日法定協で提案 大阪都構想

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです