メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

栄福寺

箱車伝説は実話か!?高知の男性が名乗り 84年前、遍路中に足が治る 四国霊場第57番札所 /愛媛

84年前に奉納されたと伝えられる箱車を示す白川密成住職。かつては足が治った人がお礼参りの際、松葉杖やギプスを箱に納めたという=愛媛県今治市玉川町八幡で、松倉展人撮影

 84年前の1933(昭和8)年、足の不自由な少年が箱車に乗せられて遍路中、足が治っていることに偶然気付いたとして奉納した箱車が今も残る四国霊場第57番札所「栄福寺」(今治市玉川町八幡)。「足腰守りのお寺」として信仰を集めるが、「車を納めたのは私です」と、高知県に住む男性から3年ほど前に電話がかかってきたことが話題になっている。健在であれば99歳前後。男性は「(足が治り)引退するまで仕事ができました」と感謝を伝えたという。【松倉展人】

 寺の宝物となっている箱車は木製の三輪車。白川密成(みっせい)住職(40)によると当時、足の不自由な…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  2. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  3. 夫「大切な2人失ってつらい」 池袋暴走、母娘の告別式
  4. ORICON NEWS 赤江珠緒&博多大吉の“芝生デート”報道 『たまむすび』が伝えた1週間
  5. 池袋暴走 87歳男性、痛めた足で運転か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです