メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

若者フリーゾーン

伝統と改革、両立目指す 早稲田大学応援部代表委員主将・桜井康裕さん(22)

=渡部直樹撮影

 <くらしナビ おとなへステップ>

桜井康裕(さくらい・やすひろ)さん(22)

 社会科学部4年ですが、入学当初は応援(おうえん)部に全く興味がありませんでした。サークルに入るつもりでしたが、4月(がつ)中(ちゅう)旬(じゅん)に野球部の法政大学との試合を観戦し、考えが変わりました。試合は負けていましたが、応援は続いていました。終(しゅう)盤(ばん)に逆転本(ほん)塁(るい)打(だ)が出たのです。早大の応援歌「紺(こん)碧(ぺき)の空」を歌うスタンドの一体感に感動し、応援の力を感じました。これが入部のきっかけとなりました。

 漫(まん)画(が)の影(えい)響(きょう)もあり、「応援団は時(じ)代(だい)遅(おく)れなアホな…

この記事は有料記事です。

残り710文字(全文1022文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  3. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  4. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  5. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです