メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

AV

完全ワイヤレスイヤホンの本命機、モダニティ「EARIN M-2」をレビュー(GetNavi web)

情報提供:GetNavi web

左右が独立した「完全ワイヤレスイヤホン」の元祖といえるEARINの第2世代M-2が、ついに登場します。前モデルから新しく搭載した機能や、パワーアップしたポイントを踏まえながら、性能をチェックしました。

 

イヤホンのデザインを一新し装着感と遮音性が向上

オーディオ界にムーブメントを起こした完全ワイヤレスイヤホンEARINの第2世代は、従来機からデザインが一新。イヤホンはより耳穴にフィットする形状となり、装着感と遮音性が向上しました。激しく動いても、落下する心配はほぼありません。少しの汗がかかるくらいなら大丈夫とのことですが、基本的には防水非対応。スポーツ時の使用はリスクが伴うので注意したいです。

20170820-yamauchi-33↑イヤホンの形状を一新し、装着感が向上。コンプライ製イヤチップ(同梱)で遮音性がより高まります。2つが同じ形状で、LとRの区別がないのもユニーク

 

ハウジングの外側にタッチセンサーを搭載し、音楽の再生/停止、スキップなどの操作が行えるようになったのは大きな進化点です。ただし、ハウジングが小さいゆえ、歩行中の操作は手こずりました。マイクを内蔵するので、スマホと連携させて、Siriなどの音声アシスタント機能で操作するほうが精度は高いです。もちろん、ハンズフリー通話にも対応。独自のアルゴリズムによるノイズリダクション効果が効いて、人混みのなかでも通話音声は明瞭でした。

20170820-yamauchi-34↑タッチ操作は便利だが、小さいイヤホンが耳の奥まで入るためミスしがち。環境によって音声アシスタントと使い分けたいところ

 

近距離磁気誘導による「MiGLO」技術を採用することで左右の接続性を向上させ、音楽伝送の低遅延化を実現したのもポイント。初代モデルでは音切れすることもしばしばありましたが、本機はそういったこともなく、ストレスなく音楽に没入できます。

 

ケースのバッテリー容量は従来機と同じながら、LEDの点灯によりイヤホンの充電状況を把握できるようになりました。イヤホンのフル充電に要する時間も少し短縮され、使い勝手が向上しています。

20170820-yamauchi-35↑ケースは600mAhのバッテリーを内蔵し、イヤホンを3回フル充電可能です。3つのLEDの点灯で充電状態が把握できます

 

 

20170820-yamauchi-32

モダニティ
EARIN M-2
実売予想価格3万2184円(9月下旬発売)

左右が分離した完全ワイヤレスイヤホン人気シリーズの第2世代。左右イヤホンの接続性を高めて低遅延化を実現したほか、ハンズフリー通話のほか、タッチ操作に対応します。カラーはブラック(9月下旬発売)とアルミニウム(10月発売予定)がラインアップ。

●Bluetooth対応コーデック:AAC、aptX、SBC●再生時間:3時間●充電時間:60分(ケース満充電時でイヤホンを3回充電可能)●サイズ:W14.5×H17.2×D21.0mm(イヤホン)●ドライバー:6.5㎜径BA型●再生周波数帯域:20Hz〜20kHz●インピーダンス:22Ω●質量:3.6g(片耳)

 

新旧スペック比較

SnapCrab_NoName_2017-8-21_1-14-46_No-00

バッテリー容量や再生時間は変わりませんが、イヤホン・ケースともに充電時間が短縮されています。上記以外のスペックはほぼ同等です。

 

結論!

音質:4
携帯性:5
操作性:3
機能性:4

タッチ操作には課題を残すものの、音声アシスタントの対応や通話音質の向上など、進化点が多く見られました。価格も比較的抑えられているので、完全ワイヤレスを買うなら本機が鉄板!

 

【解説してくれた人】

GetNavi本誌オーディオ担当

川内一史

イヤホンは装着感を最も重視。ランニング中にも使えるワイヤレスモデルの購入を検討中

 

協力:楽天市場

 

【関連記事】
液晶テレビは音が貧弱? そんな思い込みを打ち破る高音質設計の4Kビエラ「EX850」登場
屋外でも“痩せない”音に驚愕!――コスパ抜群のBluetoothスピーカー、Anker 「SoundCore 2」
機械オンチでも悩まず始められる「ハイレゾ」スターターセットはコレだ――パイオニア「HRP-305」の実力
Beatsからちょっぴり大人なカラーリングの「Neighborhood Collection」が登場
約2万円(!)の格安アナログプレーヤー入門機をレビュー――オーディオテクニカ「AT-PL300BT」

情報提供:GetNavi web


毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大量懲戒請求 賛同した女性「洗脳状態だった」
  2. 麻生太郎氏 河野外相に「常識を磨かないといかん」
  3. 安田純平さん 解放の情報 シリアで3年間行方不明
  4. 安田さん解放 妻のMyuさん「よく頑張ったね」
  5. 会見 麻生氏「飲み倒した人の医療費、払うのあほらしい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです