メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イエメン

コレラ感染の疑い50万人 人道危機が拡大

 【カイロ篠田航一】内戦が続くイエメンで市民が空爆の巻き添えで死亡するケースが続発している。国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)は、8月17~24日に少なくとも58人が空爆などで死亡したと発表。このうち42人は隣国サウジアラビア主導の連合軍による攻撃で命を落としたという。一方、内戦の影響で衛生状態も悪化し、コレラの感染が疑われる市民が50万人に上るなど、人道危機が深刻化している。

 イエメンでは2014年以降、イスラム教スンニ派の盟主・サウジが支援するハディ大統領側と、イランが後…

この記事は有料記事です。

残り516文字(全文758文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 詐欺的サブリース 広がる 不動産業者、若者狙う 二重契約でローン一部ピンハネ 一括返金請求の恐れ
  3. 記者のこだわり 不倫相手に請求できる? 離婚慰謝料訴訟 19日に最高裁判決
  4. 「残念に思うと申し上げた」河野氏、韓国外務省コメント「抗議せず」に反論
  5. トランプ米大統領 非常事態宣言 共和苦境 「無効化」決議に複数同調か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです