メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
イエメン

コレラ感染の疑い50万人 人道危機が拡大

 【カイロ篠田航一】内戦が続くイエメンで市民が空爆の巻き添えで死亡するケースが続発している。国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)は、8月17~24日に少なくとも58人が空爆などで死亡したと発表。このうち42人は隣国サウジアラビア主導の連合軍による攻撃で命を落としたという。一方、内戦の影響で衛生状態も悪化し、コレラの感染が疑われる市民が50万人に上るなど、人道危機が深刻化している。

 イエメンでは2014年以降、イスラム教スンニ派の盟主・サウジが支援するハディ大統領側と、イランが後…

この記事は有料記事です。

残り516文字(全文758文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  2. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 県戦没者追悼式 平和、次世代に 水戸 /茨城

  5. 揺らぐ高確度ミサイル追尾 細心配慮の協定水の泡 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです