メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小学館

“世界初”ロボットを付録に 「小学8年生」

小学館が雑誌「小学8年生」で世界初の試みとして付録に採用する小型ロボット「TABO8」=小学館提供

 小学館は30日、同社が発行している小学生向けの雑誌「小学8年生」の特別号として、完成したロボットを付録にして限定発売すると発表した。小学館は「世界で初めての試み」といい、価格は1万9800円(税込み)。10月10日から予約を開始し、12月中旬から順次発送する予定。予約方法は9月下旬発売予定の「小学8年生 第4号」で発表する。

 ロボットは手のひらサイズで名前は「TABO8(ターボエイト)」。「プログレス・テクノロジーズ」(東京都江東区)と「バスキュール」(同港区)両社の共同プロジェクトで開発したロボットをベースに、今回の付録にはオリジナルの機能を加えた。

この記事は有料記事です。

残り258文字(全文538文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 立憲・塩村文夏議員の看板壊される 世田谷の事務所、郵便受けも被害

  2. ブラジルの感染者、50万人超え 1カ月足らずで5倍 死者3万人に迫る

  3. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

  4. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  5. 老舗漬物店「丸八やたら漬」廃業へ 5月末で 観光客の減少響く 山形

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです