メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国産牛肉

外食産業、産地変わる? 輸入制限1カ月

 外食用やハンバーグなどの加工品に利用される冷凍牛肉に対する緊急輸入制限(セーフガード)が1日に発動してから、間もなく1カ月。主な輸入先である米国産の卸売価格が上昇し、外食チェーン各社は商品価格を据え置くため、産地の多様化の検討を始めた。価格上昇が他国産や冷蔵肉にも波及することを心配する声も出ている。

この記事は有料記事です。

残り1297文字(全文1448文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. WEB CARTOP 男子が乗るとドン引かれる!  あまりに見た目がカワイすぎるクルマ5選
  2. トランプ米大統領 「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」「最も美しい手紙」
  3. ORICON NEWS 元AKB48・高城亜樹&J1サガン鳥栖・DF高橋祐治が結婚発表「明るく穏やかな家庭を」
  4. 堺市長「赤字」パーティーも 自身も疑問視の政治資金問題 収拾つかず
  5. 着服 水道加入金を 容疑で市職員逮捕 近江八幡署 /滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです