米国産牛肉

外食産業、産地変わる? 輸入制限1カ月

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 外食用やハンバーグなどの加工品に利用される冷凍牛肉に対する緊急輸入制限(セーフガード)が1日に発動してから、間もなく1カ月。主な輸入先である米国産の卸売価格が上昇し、外食チェーン各社は商品価格を据え置くため、産地の多様化の検討を始めた。価格上昇が他国産や冷蔵肉にも波及することを心配する声も出ている。

この記事は有料記事です。

残り1297文字(全文1448文字)

あわせて読みたい

注目の特集