メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国産牛肉

外食産業、産地変わる? 輸入制限1カ月

 外食用やハンバーグなどの加工品に利用される冷凍牛肉に対する緊急輸入制限(セーフガード)が1日に発動してから、間もなく1カ月。主な輸入先である米国産の卸売価格が上昇し、外食チェーン各社は商品価格を据え置くため、産地の多様化の検討を始めた。価格上昇が他国産や冷蔵肉にも波及することを心配する声も出ている。

この記事は有料記事です。

残り1297文字(全文1448文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 幼稚園児の娘の絵を完全再現…“究極のキャラ弁”披露する芸人父「弁当作りで成長見える」
  2. 神戸バス暴走 「一緒に仕事していた仲間」「お姉ちゃん先生」 犠牲の若者2人を悼む声
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?
  5. WEB CARTOP 最近のAT車から「2」や「L」レンジがなくなった本当の理由とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです