メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

健康マージャン

イメージ刷新 真剣勝負に魅了される女性

健康麻雀に打ち込む女性たち。真剣で、おしゃべりする人も少ない=中嶋真希撮影

 高齢者を中心に「健康マージャン」の人気が続いている。認知症予防に効果があるとも言われ、自治体でも教室が開かれている。「飲まない・吸わない・賭けない」がモットーで、日本健康麻将協会によると昨年は全国で延べ11万人が楽しんだ。ルールを学ぶ教室に通う人も含めれば、延べ20万~30万人にもなるという。特に女性に人気が高く「マージャンは男性のものだと思っていた。もっと早くに出合いたかった」と魅了されている。昼間からにぎわうマージャン店を訪れてみた。【中嶋真希】

 健康マージャンが開かれていたガラパゴス高田馬場店(東京都新宿区)は、この日、40人の客でにぎわって…

この記事は有料記事です。

残り1872文字(全文2150文字)

中嶋真希

2006年毎日新聞社入社。静岡支局、毎日小学生新聞などを経て15年10月からデジタルメディア局。東日本大震災の影響で統廃合した宮城県石巻市の小学校や、性的少数者、障害者の社会進出などについて取材を続けている。共著書に「震災以降 終わらない3・11-3年目の報告」(三一書房)がある。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大塚家具、埼玉と千葉の2店舗 19年1月14日に閉鎖へ
  2. 店長と従業員、スプレー缶の可燃性を認識せず 爆発は廃棄の120本 札幌
  3. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  4. 辺野古埋め立て停止 ホワイトハウスへの嘆願署名10万超す
  5. 不幸中の幸い 「偶然」重なり…死者なしの「なぜ」 札幌爆発事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです