メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パーキンソン病

iPS治療、サルで安全確認 京大

 京都大iPS細胞研究所の高橋淳教授(神経再生学)らの研究チームは、ヒトのiPS細胞(人工多能性幹細胞)を使ったパーキンソン病の治療法について、サルの実験で有効性や安全性を確認したと発表した。論文が31日、英科学誌「ネイチャー」の電子版で公開される。高橋教授は人間の治療の実用化を目指し2年間の治験を来年度中に開始したいとの意向を明らかにした。

 パーキンソン病は足の震えや筋肉のこわ張りなどの症状が出る神経難病。脳内で神経伝達物質「ドーパミン」…

この記事は有料記事です。

残り286文字(全文508文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわ新選組の舩後氏が初当選 重度身体障害者の新人 特定枠1位
  2. あなたの参院選 なぜ8時に当選確実が出るの? テレビ選挙報道の舞台裏
  3. ORICON NEWS ビートたけし、吉本興業を痛烈批判「だったら雇うなよ。最低保証くらいしろよ」
  4. 東京選挙区、共産現職の吉良氏再選
  5. コトバ解説 「衆議院」と「参議院」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです