メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

侍ジャパン歴代監督インタビュー

第4回 星野仙一さん「アマ選手にも門戸開いて」

【2008年北京五輪準決勝、日本-韓国】試合後、韓国の選手らと握手をしてまわる星野監督=2008年8月22日、平田明浩撮影

東京五輪への金言

 楽天の球団副会長を務める星野仙一さん(70)は2008年北京五輪で監督として指揮した。結果はメダル無しの4位に終わったが、厳しさを味わったからこそ言えることがある。【聞き手・岸本悠】

 --日本代表の稲葉新監督へアドバイスを。

 ◆まだ、約3年ある。勉強しないといけない。過去の五輪の試合を調べ直すことだ。ベストに力を出せる環境をどう作るか考えて、それを周りの人にお願いする。適応できる選手を選考していく。何より、五輪でどう戦うかという自分の信念を決めて、それを貫くことが重要だよ。

この記事は有料記事です。

残り2709文字(全文2957文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
  2. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  3. 小池知事 鳥取知事の「母の慈愛」発言に「傷ついた」
  4. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  5. 露大統領 プーチン氏「領土、容易に妥協せず」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです