メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと東北・母校をたずねる

県立盛岡一高/4 感性磨かれ貴重な経験 県芸術文化協会会長・柴田和子さん /岩手

柴田和子さん

1966年度卒

 地元で女性ジャズダンスチームを率い、文化・芸術や地域おこし活動などに幅広く取り組む柴田和子・県芸術文化協会会長(69)=1966年度卒。幼少時から「タカラヅカ」に憧れ、その影響で一高時代は文化祭などに打ち込んで、同級生らをわかせた。好きなことに全力投球できた高校時代を「感性が磨かれ、貴重で楽しい経験でした」と振り返る。【藤井朋子】

 3歳の時に宝塚歌劇を見て、きらびやかな世界に魅せられて以来のファンです。特に男役。女が演じる男。実…

この記事は有料記事です。

残り1825文字(全文2049文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  2. 高校野球 仙台育英・佐々木前監督が学法石川監督に
  3. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  4. 那須烏山 「那須ニコン」工場で爆発 3人負傷情報
  5. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです