メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと東北・母校をたずねる

県立盛岡一高/4 感性磨かれ貴重な経験 県芸術文化協会会長・柴田和子さん /岩手

柴田和子さん

1966年度卒

 地元で女性ジャズダンスチームを率い、文化・芸術や地域おこし活動などに幅広く取り組む柴田和子・県芸術文化協会会長(69)=1966年度卒。幼少時から「タカラヅカ」に憧れ、その影響で一高時代は文化祭などに打ち込んで、同級生らをわかせた。好きなことに全力投球できた高校時代を「感性が磨かれ、貴重で楽しい経験でした」と振り返る。【藤井朋子】

 3歳の時に宝塚歌劇を見て、きらびやかな世界に魅せられて以来のファンです。特に男役。女が演じる男。実…

この記事は有料記事です。

残り1825文字(全文2049文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  2. ライフスタイル 仕事がデキる人はもれなく「習慣の奴隷」である ──『天才たちの日課』(GetNavi web)
  3. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  4. 名古屋 BTSファン投稿巡り女子大に爆破予告メール
  5. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです