メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと東北・母校をたずねる

県立盛岡一高/4 感性磨かれ貴重な経験 県芸術文化協会会長・柴田和子さん /岩手

柴田和子さん

1966年度卒

 地元で女性ジャズダンスチームを率い、文化・芸術や地域おこし活動などに幅広く取り組む柴田和子・県芸術文化協会会長(69)=1966年度卒。幼少時から「タカラヅカ」に憧れ、その影響で一高時代は文化祭などに打ち込んで、同級生らをわかせた。好きなことに全力投球できた高校時代を「感性が磨かれ、貴重で楽しい経験でした」と振り返る。【藤井朋子】

 3歳の時に宝塚歌劇を見て、きらびやかな世界に魅せられて以来のファンです。特に男役。女が演じる男。実…

この記事は有料記事です。

残り1825文字(全文2049文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. マネックス 松本社長「コインチェック6月中に全面再開」
  2. アメフット 日大の内田前監督、改めて「指示ではない」
  3. 財務省 森友交渉記録、答弁に合わせ廃棄 理財局職員指示
  4. 岩波書店 「広辞苑」10年ぶり改訂 担当者が明かす知られざる魅力
  5. 広辞苑 10年ぶり改訂 「がっつり、ちゃらい、自撮り」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]