メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・アートを歩く

芸術さんぽ ちひろ美術館・東京(東京都練馬区) /東京

ちひろが愛用した画材や家具、蔵書などが置かれた「ちひろのアトリエ」=ちひろ美術館・東京で

自宅アトリエを再現

 机の左側に絵筆が並べられ、丸めた画用紙が置かれている。生涯にわたり子どもを題材にした作品を描き続けた画家、いわさきちひろ(1918~74年)。館内にある復元アトリエは、今もちひろ本人が絵を描いているような雰囲気だ。壁紙や床板は、実際にちひろの自宅アトリエにあったものを使っている。

 ちひろ美術館・東京は、ちひろの没後の77年、自宅跡に、当時は世界でも珍しかった絵本専門の美術館として開館した。ちひろ以外にも34の国と地域206人の絵本画家の作品約1万7700点を所蔵。子どもたちに、人生で初めて訪れる「ファーストミュージアム」として親しんでもらえるよう、作品は子どもが見やすいように、その中心が床から1メートル35セ…

この記事は有料記事です。

残り479文字(全文797文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  3. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  4. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

  5. 五輪9億円、書類不明 招致委、海外コンサル費

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです