メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

糸魚川市

小規模飲食店、消火器設置義務づけへ 火災予防条例改正案 /新潟

 糸魚川市の米田徹市長は31日の定例会見で、4日開会の9月議会に、小規模飲食店に消火器具を設置することを義務づける市火災予防条例の一部改正案を提出することを明らかにした。可決されれば12月1日から施行される。

 市の説明によると、消火器は現状、150平方メートル未満の小規模飲食店への設置は義務づけられていないが、昨年12月の大火を受けて、初期消火への対応強化が必要だと判断。店舗面積に応じて1~2…

この記事は有料記事です。

残り299文字(全文497文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「カスハラ」労災10年で78人、24人が自殺 悪質クレーム対策急務

  2. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  5. 菅原経産相 新たに香典疑惑 「事実ならアウト」自民党内にも進退問う声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです