メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大津パルコ

青春の思い出ありがとう 21年、歴史に幕 /滋賀

大津パルコの閉店セレモニーで「バイバイ」と手を振る竹井店長と、集まった買い物客ら=大津市打出浜で、森野俊撮影

 ファッションビルの大津パルコ(大津市打出浜)が31日、閉店した。若者文化の象徴で、大津市中心部の「顔」でもあったが、市街地からの若者の減少や郊外型店舗との競合の影響で近年は売り上げが低迷。21年の歴史に幕を閉じた。この日は記念品のプレゼントや閉店セレモニーがあり、関係者や買い物客らが惜しみながら別れを告げた。【森野俊、大原一城】

 1996年11月、東京の人気ファッションブランドなど県内初出店を中心とした約130店舗が入ってオープン。流行に敏感な若者をターゲットに、開店前に行列ができるほど人気を博し、ピークの98年度には売り上げが105億円を記録。だが、近年は売り上げが落ち込み、2016年度は35億円だった。

この記事は有料記事です。

残り1126文字(全文1434文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  2. 巨人の坂本、大城がコロナ感染 練習試合中止 NPB「19日開幕に影響ない」

  3. 「新型コロナの検査させて」 小学生らを誘拐未遂、容疑で23歳逮捕 兵庫県警

  4. GoToキャンペーン 国交相、異例の金額と認め縮小言明 業者選定過程は公表せず

  5. 「鬼滅の刃」アニメ制作会社と社長を告発 1.4億円脱税容疑 キャラ店舗帳簿改ざん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです