陀羅尼助飴

人気の薬草「大和当帰」使用 奈良の新たな土産品に /奈良

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
奈良県産の大和当帰葉が入った陀羅尼助飴=和田明美撮影
奈良県産の大和当帰葉が入った陀羅尼助飴=和田明美撮影

 飲み過ぎや胃弱に効くとされる和漢薬「陀羅尼助丸(だらにすけがん)」の藤井利三郎薬房(吉野町)と菓子製造のUHA味覚糖(大阪市)が共同開発した「陀羅尼助飴(あめ)」に、県産の薬草で近年注目を集める大和当帰(やまととうき)入りのものが加わった。「奈良の新たな土産品に」と化粧箱に入り、税込み810円で販…

この記事は有料記事です。

残り177文字(全文327文字)

あわせて読みたい

ニュース特集