メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

出かけよう

浜の川湧水と銀水(長崎県島原市) 地域潤す観光名所に /福岡

 「水の都」と呼ばれ、市内に約50の湧水(ゆうすい)ポイントがある長崎県島原市。「浜の川湧水」が湧き出る同市白土(しらち)桃山では昨夏、島原名物のスイーツ「かんざらし」の名店「銀水」が復活し、新たな観光スポットとして人気を呼んでいる。店の前には、湧水を引いた洗い場があり、今も生活用水として使われる様子を見ることができる。

 湧水の多くは、1792(寛政4)年の雲仙・普賢岳噴火によって生まれたとされる。群発地震による地殻変動で地下水脈が断ち切られ、水が地上に湧き出るようになった。

この記事は有料記事です。

残り683文字(全文923文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女湯侵入容疑で広島県職員を逮捕 化粧し女性用かつら着用

  2. 自民岸田氏「更なる経済対策が必要」 3次補正審議中、異例の言及

  3. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  4. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです