対北朝鮮

日米、石油禁輸目指す 外相、制裁を協議

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 河野太郎外相は31日、北朝鮮による日本上空を通過するミサイル発射を受け、ティラーソン米国務長官と29日に続いて電話協議した。安倍晋三首相も30日深夜、トランプ大統領と2日連続で電話で協議した。日米両政府は北朝鮮への石油禁輸措置を盛り込んだ国連安全保障理事会決議の採択を目指し、首脳、外相レベルでの連続協議で調整を急いでいる。

 菅義偉官房長官は31日の記者会見で「北朝鮮の対外取引の主要製品である原油、石油製品の取引規制は選択肢の一つになる」と述べ、石油禁輸措置に言及した。菅氏は「新たな安保理決議は北朝鮮の対外経済関係、外貨収入源を踏まえながら検討する」と述べ、北朝鮮へのダメージを見極めながら制裁内容を検討する考えを示した。

この記事は有料記事です。

残り344文字(全文658文字)

あわせて読みたい

注目の特集