メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
中国

習氏に権力集中へ 共産党規約に新理念有力

 【北京・河津啓介】10月18日に始まることが決まった第19回中国共産党大会では、党規約に習近平国家主席の名を冠した新たな指導理念が盛り込まれ、習氏が毛沢東やトウ小平に匹敵する地位を誇示することが有力視される。

 習指導部は今回の党大会について、建国100周年の2049年を見据えた「今後20~30年間の党をかじ取りする」(蒋建国・党中央宣伝部副部長)と位置付ける。

 党規約の改正によって習氏への権力集中を理論面でも固め、5年後の次回の党大会で「毛沢東思想」と並ぶ「…

この記事は有料記事です。

残り536文字(全文769文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 羽生結弦、『弱虫ペダル』小野田坂道とイラスト共演 『ツール・ド・東北』駅グラフィック掲出へ

  2. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  3. 玉木雄一郎「新しい政治」 れいわ伸長は既成政党への警告

  4. 「エアドロップ痴漢」容疑、37歳男を書類送検 福岡

  5. カップ麺 和歌山の味、手軽に 日清食品が26日発売 /和歌山

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです