メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

18年度予算

概算要求 看板政策で膨張 健全化に課題

 財務省が31日に締め切った2018年度予算の概算要求は、一般会計の要求総額が101兆円前後となった。低金利の恩恵で歳出の4分の1を占める国債費は減少したが安倍晋三政権が掲げる「人づくり革命」関連などの要求が目白押しで、政策に使う経費は膨張が続く。18年度は3年間の財政再生計画の最終年度で財政健全化との両立が問われそうだ。【井出晋平】

 各省庁がまとめた概算要求では、安倍政権の看板政策に関連した要求が並んだ。「人づくり革命」関連では、…

この記事は有料記事です。

残り1070文字(全文1288文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

  2. なぜ女性専用車両は必要か TV番組が炎上、「マナー」「トラブル」特集で

  3. ナイキの「厚底シューズ」禁止 世界陸連が新規則 英メディア報道

  4. 奈良の不明高1女子、大阪で保護 けがなし

  5. 奈良で不明の女子高生保護、誘拐容疑で姉ら男女3人を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです