メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シャープ

世界初、8Kテレビで勝負 臨場感たっぷり 来月、中国で先行発売

世界初の8K対応液晶テレビの発表会で記者会見するシャープの西山博一取締役=東京都港区で31日

 台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業傘下で経営再建中のシャープは31日、世界初の8K対応液晶テレビ「アクオス8K」(70インチ)を発表した。日本での発売は12月だが、中国で10月に先行発売する。世界展開を急ぐ鴻海の下で、市場規模が大きい中国を重視する戦略だ。また、2020年度にシャープが販売する60インチ以上の大型テレビの半分を8Kに切り替えたい考えだ。

 8Kは超高精細映像規格で、解像度はフルハイビジョン(2K)の16倍、普及が進む4Kの4倍で臨場感の…

この記事は有料記事です。

残り511文字(全文737文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  2. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  3. セブン「24時間」縮小、時短営業を本格実施 加盟店に指針配布

  4. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

  5. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです