メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今年3月にSYM三町会災害連合会が実施した防災訓練。トリアージの訓練もあった=同連合会提供

 地区単位で住民や企業などが防災計画を作り、市区町村に提案する「地区防災計画制度」が全国で始まっている。自治体主導から脱却し、住民主体の防災対策が進むと期待されるが、まだ、その取り組みには温度差があり、普及には課題も残る。

 この制度は東日本大震災で多くの犠牲者が出たことをきっかけに、より実効性の高い防災計画作りを進めようと国が災害対策基本法を改正して、2014年4月に始めた。計画策定の範囲は自由で、複数の町内会でもマンション1棟でも構わない。計画内容も避難方法や要支援者対策など、住民が必要と考えた課題を対象にできる。

この記事は有料記事です。

残り1513文字(全文1774文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  2. 神戸で市バス、多数はねる 男性1人死亡、女性2人心肺停止 64歳運転手逮捕
  3. 心肺停止の女性死亡、死者2人に 逮捕の運転手「発車しようとしたら急発進」 神戸・バス事故
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです