メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今年3月にSYM三町会災害連合会が実施した防災訓練。トリアージの訓練もあった=同連合会提供

 地区単位で住民や企業などが防災計画を作り、市区町村に提案する「地区防災計画制度」が全国で始まっている。自治体主導から脱却し、住民主体の防災対策が進むと期待されるが、まだ、その取り組みには温度差があり、普及には課題も残る。

 この制度は東日本大震災で多くの犠牲者が出たことをきっかけに、より実効性の高い防災計画作りを進めようと国が災害対策基本法を改正して、2014年4月に始めた。計画策定の範囲は自由で、複数の町内会でもマンション1棟でも構わない。計画内容も避難方法や要支援者対策など、住民が必要と考えた課題を対象にできる。

この記事は有料記事です。

残り1513文字(全文1774文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 千葉市教委 「日焼け止め使用許可を」全中学に通知へ
  2. 近鉄 南大阪線、26日にも再開 橋脚傾き運転見合わせ
  3. 大川小津波訴訟 2審の仙台高裁も石巻市と県に賠償命令
  4. ストーリー 大川小「無念と責任」胸に(その1) 教員遺族、語り継ぐ
  5. 山口メンバー 「世の中騒がせた」涙で謝罪 無期限謹慎

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]