メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

象徴として

第1部 沖縄への思い/2 住民犠牲「悲しみ、痛恨」

ひめゆりの塔前で火炎瓶が投げつけられる事件が起き、避難される天皇、皇后両陛下(当時は皇太子ご夫妻)=1975年7月17日

 天皇、皇后両陛下が初めて沖縄を訪問されたのは、皇太子ご夫妻時代の1975年7月17日。本土復帰の3年後だった。地上戦の生々しい記憶から皇室への反発は根強く、県内の空気は緊迫した。事件は、最初の訪問先、「ひめゆりの塔」の前で起きた。

 両陛下が塔に供花した直後、壕(ごう)に潜んでいた男が火炎瓶を投げつけた。瓶は両陛下からわずか数メートルの場所で炎を上げた。

 「慰霊されるお二人に、なんということを」。東京でニュースを見た元沖縄放送協会会長の川平朝清(かびら…

この記事は有料記事です。

残り1243文字(全文1471文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加計学園 理事長が会見、謝罪 監督責任で給与を自主返納
  2. デートDV 暴言や暴力…被害者は男子生徒、女子の倍以上
  3. 大阪震度6弱 高槻市長が謝罪 倒壊した塀、基準満たさず
  4. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  5. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]