メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特殊詐欺

供述調書、一転開示 大阪高検、1審は存在否定

 特殊詐欺の被害者が送った現金の受け取り役として詐欺罪に問われ、大阪高裁で控訴審中の男性被告(35)を巡り、大阪高検が31日、1審・大阪地裁の公判時に「存在しない」と説明していた関係者の供述調書を一転して弁護側に開示した。男性は地裁で無罪判決を受けたが、弁護側が改めて開示を求めていた。弁護人の亀石倫子弁護士(大阪弁護士会)は「検察が証拠隠しをした疑いがある」と批判している。

 男性は昨年7月、他の男らと共謀し、架空の介護施設建設計画に絡んで大阪府内の女性(当時81歳)から2回で計500万円をだまし取ったとして起訴された。

この記事は有料記事です。

残り521文字(全文783文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

  2. 出た!大阪・梅田で人骨1500体超 別の場にもウメタ?埋葬想定より遅い江戸~明治

  3. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か

  4. 見えたー! ペルセウス座流星群がピーク迎える 天の川と「競演」

  5. 世界の雑記帳 死亡した英男児の棺が空と判明、遺体の扱いに疑念の母親が真実追及

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです