メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特殊詐欺

供述調書、一転開示 大阪高検、1審は存在否定

 特殊詐欺の被害者が送った現金の受け取り役として詐欺罪に問われ、大阪高裁で控訴審中の男性被告(35)を巡り、大阪高検が31日、1審・大阪地裁の公判時に「存在しない」と説明していた関係者の供述調書を一転して弁護側に開示した。男性は地裁で無罪判決を受けたが、弁護側が改めて開示を求めていた。弁護人の亀石倫子弁護士(大阪弁護士会)は「検察が証拠隠しをした疑いがある」と批判している。

 男性は昨年7月、他の男らと共謀し、架空の介護施設建設計画に絡んで大阪府内の女性(当時81歳)から2回で計500万円をだまし取ったとして起訴された。

この記事は有料記事です。

残り521文字(全文783文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 群馬・高崎にプロレス覆面専門店 東京からコロナ移住「マスク文化根付かせたい」

  2. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  3. ファクトチェック 「野党議員は自宅待機 自民党議員は無症状即入院」ツイートは不正確

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. 50代中年ウーバー配達員の奮闘、苦悩 「感謝と複雑な思いと…」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです