メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

富山・南砺市が劇中都市と姉妹提携へ

テレビアニメ「サクラクエスト」のイメージ画像©2017サクラクエスト製作委員会

 富山県南砺市はアニメを通じたまちおこしを進めるため、市内のアニメ製作会社ピーエーワークスのテレビアニメ「サクラクエスト」の舞台の架空自治体「間野山市」と姉妹都市提携を結ぶ。アニメファンらに南砺に来てもらう狙いもある。

     間野山は南砺市がモデル。サクラクエストは、東京での就職がうまくいかない主人公の20代女性が地方都市の観光大使に任命され、まちおこしに奮闘していく中で成長する姿を描く。県内ではチューリップテレビで毎週土曜深夜に放送している。市によると、間野山の街並みがファンの間で南砺の風景に似ていると評判という。姉妹都市の調印式は10月9日、市クリエイタープラザ桜クリエで行われ、アニメによるまちおこしをテーマにした講演やシンポジウムもある。田中幹夫市長は8月の定例記者会見で「サクラクエストの人気にあやかり新たな観光振興のきっかけとなるよう取り組んでいきたい」と話した。

     また、世界のアニメファンが選んだ「訪れてみたい日本のアニメ聖地88」が8月下旬に発表され、ピー社が手がけた「true tears」の舞台となった南砺市が選ばれている。アニメによるまちおこしを進める市にとって追い風となる。【鶴見泰寿】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 公明 「裏切られた」小池氏の新党代表就任に反発
    2. 大阪府警 20代の女性職員、キャバクラで勤務 処分検討
    3. 特集ワイド 「大義なき衆院解散」で失われるもの 議会制民主主義、本旨どこへ
    4. 北朝鮮 「むかっとしてミサイル」 元料理人に正恩氏発言
    5. 小池新党 「集まってきた人、選挙に勝ちたいだけ」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]