メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

待機児童

3年連続で増加 「育休中」含め2万6081人

保育所などの定員数と待機児童数の推移

 厚生労働省は1日、認可保育所などに申し込んでも利用できない待機児童の数が、今年4月1日時点で2万6081人(昨年比2528人増)と3年連続で増加したと発表した。申込者の増加に加え、今年度から待機児童の定義を見直し、保護者が育児休業中の場合も一部を待機児童に含めるようになったことも増加の一因とみられる。

 保育所などの総定員数は約274万人と昨年より10万人増えたが、働く女性の増加で利用申込者も約265万人と、約9万人増えた。希望が集中する地域で施設整備が追いついていないことから、利用する児童数は8万8000人増の約255万人だった。

この記事は有料記事です。

残り642文字(全文911文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. ネパール隊がK2の冬季登頂に初成功 世界第2の高峰

  5. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです