五輪種目

スケボーなど世界大会の広島開催 IOCが企画

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
壁を上がり、スケートボードをつかみながら反転する選手=藤井達也撮影
壁を上がり、スケートボードをつかみながら反転する選手=藤井達也撮影

 2020年東京五輪で新たに正式種目となるスケートボードやスポーツクライミングなどの「都市型スポーツ」の世界大会を、18年に広島市で開催する計画が進んでいる。広島が発信する平和のメッセージが五輪の精神と合致するとして、国際オリンピック委員会(IOC)が企画したという。

 広島県によると、今年度に入り、IOCから県に開催の打診があった。県は受け入れる方向で調整中。開催場所は原爆ドーム(中区)そばの旧市民球場跡地を検討しており、特設会場を設置するという。現在、東京五輪・パラリンピッ…

この記事は有料記事です。

残り362文字(全文602文字)

あわせて読みたい

注目の特集